練習系挨拶

Q.そもそも練習系って...?

A.男声合唱では、歌い手は声の高さによって四つのパートに分けられます。
声の高い方から順に、トップテノール(トップテナー)、セカンドテノール(セカンドテナー)、
バリトン、ベース(バス)です。
そして、各パートで練習を仕切るのが,パートリーダー(パトリ)と呼ばれる人々です。
練習系とは、上記のパートリーダーに学生指揮者を加えた5人のことを指します。

以下に、各練習系からの新入生へのメッセージを紹介いたします。


学生指揮者 基幹理工学部3年
田中 渉(Wataru TANAKA)

新入生のみなさん、早稲田人への仲間入り、おめでとうございます!
好きで早稲田に入った人も、そうでもない人もいるとは思いますが、
何かやりたいことを持って大学に来た人、そのまま頑張ってください。
そうでない人、よくこのページにたどり着いてくれました!言われなくても分かってるかもしれないですが、
人生の夏休みとまでいわれる大学生活を、何もせず過ごすのは非常にもったいない!
でも、せっかく早稲田人としての一歩を歩み始めるのだから、早稲田でしか出来ないこと、してみませんか?

そこで、僕はワセグリを提案します。

ワセグリの新歓には高校から歌っていた人から、歌は初心者だけどお腹が空いてる人まで、
いろいろな早稲田人が来ます。その中でたくさん関わりを持つようになり、
ゆくゆくは、充実した大学生活を送れている、と胸を張って言うことができるようになることでしょう。

とはいえ、どんな早稲田人になるかは君ら次第です。でも、いろいろな早稲田人のいる
早稲田大学グリークラブという場で一緒に歌い飯を食らえば、
ほかの早稲田人にはない、特別な “何か” が見つかり、充実した大学生活を送ることができる、
ということは断言しておきます。

それでは、水・土16:30からのF練でお待ちしております!お金もかからないし、気楽においで


経歴
東京都三鷹市生まれ
幼い頃から音楽と触れ合う。早稲田を愛し、早稲田に愛された男。
気づいたらワセグリにいた。

トップテノールパートリーダー 教育学部3年
橋本 哲也(Tetsuya HASHIMOTO)

やかましいわ一年生が!

何が大学デビューだ

何がリア充したいだ

何が男ばっかりとかやる気なくしちまったぜだ

たとえ垓年出会い厨してようと

貴様は俺達と同じただの早稲田生だ!

さしあたって貴様は早稲グリ新入生からやり直せ!

先輩として!俺達が貴様に現実を教えてやる!

世界は平凡か?

未来は退屈か?

現実は適当か?

安心しろ!!それでも

歌うことは劇的だ!!



経歴
1997年母の腹卒。
中学時代にカラオケでのタンバリン係に限界を感じ、
高校では混声の音楽部に所属。この時合唱の楽しさを知る。
ウハウハ混声合唱団より男ばかりの早稲グリを選んだきっかけは、
『今までの自分の音楽観を覆され、熱さに心奪われたから』とのこと。



セカンドテノールパートリーダー 法学部3年
吉川 雄基(Yuki YOSHIKAWA)

早稲田大学に入学が決まった皆さん、おめでとうございます。

ある程度の自由が与えられ、過ごし方に金科玉条のない大学生にとって、
何か一つのことをとことんやり抜くというのはなかなか難しいものです。 そこで私が自信を持って入ることをオススメできるのがこのワセグリです。
ワセグリは主に男声合唱をするサークルですが、ただの男声合唱サークルではないのです。
ワセグリから男声合唱を知ることは出来ますが、男声合唱というものからワセグリを知ることはできません。
ワセグリを知りたいならワセグリに入りましょう!

合唱経験者でも未経験者でも、
どんな新入生でもとにかく刺激がほしかったらまずはF練に来てみて下さい。



経歴
埼玉県の寄居町というユートピア出身。
自分のしたいことがない暗中模索の中、熊谷高校にて男声合唱と出会い、胸を焦がされる。
男声合唱1年目に、破格なワセグリと出会い、胸を焦がされる。
2015年、早稲田大学へ入学、それからすっかりワセグリにすがりついてしまい、今に至る。



バリトンパートリーダー  政治経済学部3年
前田 直樹(Naoki MAEDA)

男声合唱………それは男たちの声が紡ぎ出す、迫力満点のエンターテイメント………

合唱を道徳教材の一形態としか捉えていないそこの君、
合唱なんてナヨい男子が女子に混じってやってるショボいもんだと思ってるそこの君。

君は間違っている!!

前田直樹と、レッツ・エンターテイメント!!




経歴
東京生まれ東京育ち。本当はアカペラがやりたかったのに、男声合唱に引きずり込まれてしまった。
そんな彼も、今ではすっかり合唱に夢中で、暇さえあれば滝壺舞踏をしている。
他人の水を勝手に飲む癖があり、座右の銘は「酒は飲んでも飲まれるな、水は飲んでも金出すな。」



ベースパートリーダー 文化構想学部3年
岡村 恒平(Kouhei OKAMURA)

合唱って、誰でもできるんです。
楽譜が読めなくても、コードがわからなくても。
でも、早稲グリで経験できることって、誰でもできることではないんです。
2000人の前で歌う。仲間と思い切り歌って、腹が減ったら一緒に飯を食う。
たまにテレビに出たりして。
5万人いる早稲田生の中で、こんな濃密な時間を過ごせる人が何人いるんだろう。

取り敢えず、僕らの歌を聴いて欲しい。
密度の濃い大学生活を約束します。
僕らと一緒に歌おう!


経歴
埼玉県立熊谷高校卒業。
中学時代は野球部。声が1番大きかったため主将を務める。
声が大きいことが素直に評価される合唱に自らの可能性を見いだし、今に至る。





TOPへ戻る