練習系挨拶

Q.そもそも練習系って...?

A.男声合唱では、歌い手は声の高さによって四つのパートに分けられます。
声の高い方から順に、トップテノール(トップテナー)、セカンドテノール(セカンドテナー)、
バリトン、ベース(バス)です。
そして、各パートで練習を仕切るのが,パートリーダー(パトリ)と呼ばれる人々です。
練習系とは、上記のパートリーダーに学生指揮者を加えた5人のことを指します。

以下に、各練習系からの新入生へのメッセージを紹介いたします。


学生指揮者 文化構想学部3年
中島 龍之介(Ryunosuke NAKAJIMA)

新入生諸君、ようこそ早稲田へ!
君たちの前には、無限の「みち」が広がっている。
未来に続く未踏の道。未知の世界。
君はもう早大生活の途にある。
我々グリークラブは、そんな君の道標となろう。
共に歌い、食べ、遊ぶ。そうして早稲田の杜を歩もう。

さあ、君はどんな「みち」を選ぶ?


経歴
各所を渡り歩く流浪の民。小学生の頃某少年合唱団で委員長を努め、一流の音楽家らと多く共演する。 この時、ワセグリを知る。中高の期間を経た後、早稲田大学にて再び合唱の世界へ。紆余曲折を経て学生指揮者に就任し、今に至る。

トップテノールパートリーダー 基幹理工学部3年
中田 亮太郎(Ryotaro NAKATA)

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

合唱をやったことの無い皆さん。僕はワセグリに入るまで男声合唱はおろか合唱すらやったことがありませんでした。

そんな僕だから言えます。 ワセグリはどんな新入生も歓迎します。 大学に入って何をすればいいか迷っている新入生の皆さん、とりあえず聴きに来てください!



経歴
大学に入るまで合唱経験は全く無い。ワセグリをはじめとした男声合唱団の演奏を聴いているうちに自分も歌ってみたいと思い、ワセグリに入団。



セカンドテノールパートリーダー 文化構想学部3年
仲川 裕麻(Yuma NAKAGAWA)

新入生の皆さん、はじめまして。

大学生としての明日を、不安と期待を胸に迎えられるであろう皆さんへ、ひとつだけアドバイスをお送りさせていただきます。

男なら歌え。

以上。



経歴
神奈川県の横浜で生まれ育った。幼少期より、祖母やNHKみんなのうたの影響で多くの児童合唱曲に親しんでおり、学部入学式で聴いた校歌の演奏に心惹かれ、ワセグリに入団する。 好きな児童合唱曲は「青い空に絵をかこう」「Song is my soul」など。



バリトンパートリーダー  文学部3年
桐原 弘亘(Hironobu KIRIHARA)

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

突然ですが、皆さんは「拍手」を浴びたことはありますか? ありますよね。 ただの「拍手」なら、大抵の人はもらったことがあると思います。

では、「万雷の拍手」はどうですか? 1000人、2000人のお客様から一斉に浴びせられる、まさに「万の雷」が轟くかのような、拍手。 一度浴びたら、病み付きになります。間違いなく。

「万雷の拍手」、浴びてみたくはありませんか?

皆さんと練習で会えるのを、楽しみにしています。



経歴
石神井の森に棲むパトリ。幼い頃から早稲田に入るよう洗脳され気づけばグリメンと化していた。
地味に合唱歴は長い。また、週10本以上のアニメを貪るオタクな一面も。冬の一推しは「このすば」。



ベースパートリーダー 文化構想学部3年
水上 傑大(Takahiro MIZUKAMI)

新入生の皆さんご入学おめでとうございます。

人生という大海において、大学生活の4年間は唯一の楽園といえるでしょう。

この有限な時間をただ過ごすのではなく、善く過ごすためには打ち込みたいと思える何かを見つけることが重要です。

その何かを探しに、是非ワセグリへ足を運んでみてください。

皆さんの旅路に幸多からんことを。


経歴
北海道生まれ北海道育ち。小学校、中学校とサッカー部に所属。ベンチウォーマーとして名を馳せた。 高校からは合唱人へと転職。高2の時分に北海道演奏旅行に来ていた
ワセグリの演奏を聴きその暴力的な音楽性に心奪われ今に至る。





TOPへ戻る