部長挨拶

早稲田大学グリークラブ 2017年度部長
後藤 貴央
“男なら歌え、早稲田を歌え”


経歴
長野県諏訪市で育つ。上諏訪中学校では吹奏楽部に所属し部長をつとめた。楽器はトロンボーン。諏訪清陵高校では端艇部に所属し、インターハイや全日本ジュニア選手権に出場するなど活躍した。中高通していくつかのロックバンドに参加するなど、音楽経験は豊富。 大学に入り、学部入学式でのグリークラブの演奏に感銘を受け入団。現在、当団では第110代部長をつとめている。


新入生の皆さんこんにちは。

早稲田大学グリークラブ110代部長の後藤です。
新しい生活に不安な方や期待を抱いている方、様々な方がいると思います。
        二年前には私も新たな船出に心躍らせたものです。

さて、大学生活を有意義なものとするためには、力を注げる何かを見つけることが大切です。

勉強、サークル、バイトどれであっても力を注げば自らの人生の糧となるものを得られるはずです。

その中でも私は早稲田大学グリークラブという選択肢を皆さんに提示したいと思います。

早稲田大学グリークラブは1907年創部の伝統ある合唱サークルです。

早稲田大学グリークラブは合唱団ではありますが、合唱を通じた究極のエンターテインメントを追求しています。
そのため、ミュージカルステージや先方の希望に沿った依頼演奏を行っています。

また、団員数の多さを生かしたインナーサークルというものも存在し、同じ趣味を持つ仲間が集っています。
このように、合唱を極めながら様々な活動ができる団体となっています。

合唱未経験者の方、大歓迎です。

早稲田大学グリークラブの団員の多くは合唱未経験者です。
大学まで音楽経験が全くなかった者もいます
ですから、そういった理由で不安を抱く必要は全くありません。
むしろ新しいことにチャレンジすることで新しい自分に出会えるかもしれません。

合唱経験者の方ももちろん大歓迎です。

当団の演奏を聞いたことがあるかどうかわかりませんが、聞いたことがある方もない方も是非一度直に聞いてみてください。
合唱経験者で現在在籍中の団員の中にも、高校時代に当団の演奏を聞いて入団を決意した者もいるようです。

もし少しでも当団に興味を持っていただけたならば幸いです。
興味を持っていただけたのであればキャンパス内にある当団の新歓ブースにお越しください。
実際に話すことで当団の魅力をより伝えられると思います。
直接、新歓イベントや練習見学に来ていただいても構いません。
また、HPやSNSを通じてご連絡いただいても構いません。

皆さんと充実した大学生活を共有できることを楽しみにしています




TOPへ戻る